障害者支援施設ゆめさきの家では施設入所の利用者の方を対象に管理栄養士を中心に「栄養マネジメント」および「経口維持」に取り組んでいます。

   

     ※施設入所以外の利用者の方に対しても栄養相談を行っています。

【栄養ケア・マネジメントとは・・・・】

入所者の栄養状態を把握し、医師、管理栄養士、看護師その他の職種の者が共同して、入所者一人ひとりの摂食、嚥下機能及び食形態にも配慮した「栄養ケア計画」を作成し、それに基づいた栄養管理を行い、栄養状態を定期的に記録しています。

また、「栄養ケア計画」は、進捗状況を定期的に評価し、必要に応じて計画の見直しを行います。

〇具体的には?
・BMI算出

身長と月1回測定した体重から肥満度を算出したり、体重の増減を確認し、それに基づく対応を他職種で検討しています。

  ・喫食率等の調査

適切な量を食べられているか、喫食率の確認や嗜好による栄養状態の悪化が無いかなど確認しています。

N様ミールラウンド画像.jpg

【経口維持とは・・・・】

 現在は経口(※口)から食事を摂られているが、摂食機能障害があり、誤嚥が認められる入所者に対して医師、歯科医師、管理栄養士、看護師、その他の職種の者が共同して、入所者の栄養管理をするための食事の観察及び会議等を行い、入所者一人ひとりの経口による継続的な食事の摂取を進めるための「経口維持計画」を作成し、それに基づいた医師又は歯科医師の指示を受けた管理栄養士又は栄養士が、栄養管理を行います。

・ミールラウンドの実施

多職種で実際の嚥下の状態や食事の姿勢、食事環境全般を観察しています。

F様ミールラウンド画像.jpg